ジロン自動車株式会社

TEL 06-6644-0010 
定休日 無休(年末年始を除く)

ニュース/お知らせ

ABARTHの話 番外編1【ABARTH 850 COUPE SCORPIONE ALLEMANO】

2020年07月08日

 

いつもジロン自動車のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

全国的に大雨に見舞われ、九州をはじめとした西日本では、

被害の全容が把握できていない地域も少なくありません。

この先2日間も激しい雨の予報となっておりますので、皆さまどうか安全にお過ごしください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、前回までの記事でカルロ・アバルトの生涯をお伝えいたしましたが、

さらに一歩踏み込んで、彼が遺した名車を数回にわたってご紹介させて頂ければと思います。

 

 

 

 

第一回といたしましては、

ABARTH 850 COUPE SCORPIONE ALLEMANO

をご紹介させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

カルロ・アバルトは優秀な技術者でありながら、最強のサイドカー・レーサーでもありました。

 

3回目の登場

 

 

その技術、スピードにかける想いから、周りの人々と衝突することもあったようです。

そんな彼が採算を度外視し、最も情熱を注いだクルマの中の1台ともいわれているのが

このABARTH 850 COUPE SCORPIONE ALLEMANO です。

 

 

1949年に設立されたABARTH&C. にとって、その名を世に大きく示したのが、

前回の記事でお伝えした ABARTH 750GT です。

 

 

 

 

 

 

しかしこの750GT は、レースにおいての走行性能を重視して製作されたため、

一般のファンには決して扱いやすいとは言えず、快適性においても普段乗りには厳しいものでした。

 

 

そこでカルロ・アバルトは750をベースにした、より快適でエレガントな新しい車の開発に着手します。

デザインは巨匠ジョバンニ・ミケロッティのアイデアを元に、カロッツェリア・アレマーノが手掛けました。

 

完成したボディに新開発の833ccエンジン、ウェーバー製キャブレターを組み合わせ、

52馬力を発揮。軽量な車体と相まって、最高速度は750GTと同じ、160km/hを記録しました。

(後に生産された Sバージョンでは、847cc/57馬力を発揮)

 

 

1959年、フランクフルトショーにて発表されたFIAT ABARTH 850は、

デザイナーに敬意を表しALLEMANO の愛称で呼ばれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

このように、850 ALLEMANOはカルロ・アバルトの想いが込められた作品ですが、

販売面においては残念ながらあまり芳しくなかったことが記録されています。

販売価格は当時の値段で$3,385

これはポルシェ・スピードスターやアルファロメオ・ジュリエッタ・スパイダーなどと同等の値段で、

生産台数は極めて少なく、一般的に200台以下というのが通説のようです。

 

 

 

 

本田宗一郎とHONDA・1300との関係に似ている?

 

 

しかしこの美しいボディラインとメカニズムは現在でも色あせることがなく、

世界中のファンの間で愛されていることは間違いありません。

 

 

 

SEARCH

BACK NUMBER